遺品を仕分けて処分する|家族葬で最期の時をしみじみ|思い出話に花が咲く
男性

家族葬で最期の時をしみじみ|思い出話に花が咲く

遺品を仕分けて処分する

箱を持つ人

派手好きの街の住宅事情

高齢者は使わなくてもたくさんのものを大事に取っておく傾向があり、亡くなってから残された家族が処分に困っている家庭が増えています。名古屋は派手な結婚式が有名ですが、高級なものをたくさん持って見栄を張るという傾向があると言われています。その結果使わずに溜まってしまった大量のものを、亡くなった後に子孫が遺品整理をしなければならなくなるというケースが増えています。あまりに大量の荷物や、価値があるのかわからなくて捨てられないという場合は、名古屋にも多くある遺品整理のサービスが役に立ちます。ただの荷物の処分だけでなく、家族にとって残した方がいいもの、処分していいものを決断するアドバイスなどもしてくれる遺品整理サービスが、最近は名古屋にも増えています。

親戚よりも他人に依頼する

遺品整理と言うサービスが台頭している名古屋の状況は、やはり人のつながりが薄れてきている現代ならではの社会の特徴が表れています。一昔、二昔前は、遺品整理を他人に依頼するなど家の恥と思われ、家の内部のことは自分たち家族でなんとかしてきたのだと思われます。最近は一族が一箇所に住んでいることが減り、家や近所の人同士のつながりが希薄になってきて、遺品整理などを頼める親戚と疎遠になって、頼れる知人や親戚がいないのが原因であると思われます。また、家のことをあまり親しくない身内に手伝ってもらうのは逆に恥ずかしい、と言う考えにもなってきています。料金を払って片付けのプロに頼んだ方が気が楽という考えに変化しています。