ロウソク

家族葬で最期の時をしみじみ|思い出話に花が咲く

葬式のプランを考えよう

花とお香

高津区での葬儀は、本人や遺族の規模や演出に対しての希望に加え、予算の制限なども考慮し、バランスがとれたプランを選びましょう。生前にゆとりを持って、検討し業者選びをしておくことがおすすめです。参列者数により費用が変動することもあるので、予算を超えないよう、香典と出費の見積もりをしておきましょう。

Read More..

遺品を仕分けて処分する

箱を持つ人

大量のものをため込んだ高齢者が亡くなり、残された家族がものの処分に困るケースが増えています。こういう場合は名古屋でも増えている遺品整理のサービスが有効です。親戚とのつながりが減って、身内に手伝ってもらえない場合には力になります。

Read More..

少人数で行う式

レディ

家族葬とは儀礼的な弔問を受けないで、家族や親しい友人のみで執り行う葬儀です。少人数で行うために故人との別れを落ち着いて行うことが出来ます。基本的には一般の式の規模が小さくなったものなので通夜・葬儀・告別式などは通常通りに行われます。また、参列者が少ないために式は低予算で行うことが出来ます。家族葬は密葬と同じだと思われがちですが密葬は近親者での葬儀、火葬を終えた後に日を改めて本葬を行うので家族葬とはまったく違うものです。家族葬では参列者をどこで線引きするのかが難しく、葬儀が終わってから不義理などにならないように前もって話合っておくことや、参列を断る旨の文書を用意するなど礼を欠かない配慮が必要です。

家族葬はどのような方に適しているのでしょうか。それは、家族や親しい方だけを呼んで故人とゆっくり別れをしたい方には式の内容は一般的なものと変わらない上に弔問客や式の様々な事に気を使わなくて済むので向いているでしょう。そのほかにも一般的な式を行いたいけれど参列者が少ないという場合や葬儀をなるべく安く行いたいという場合、簡素に行いたいけれど火葬だけを行う直葬では寂しすぎると考えている場合などがあります。高齢化に伴って家族葬を望まれる方は増えています。葬儀はそもそも宗教的な儀式で故人や残された家族などのためのものですから、故人が生前に葬儀についての希望を伝えているような場合などはその意志を反映させるのが望ましいです。

業者に協力してもらおう

ダンボール

都市部で遺品整理を行うにあたっては、遺品整理のサポートを行ってくれる業者のサービスを利用するといいでしょう。大阪市では回収車を用意してもらえるため、不用品を分別することなく、また作業員に作業を代行してもらうことができるため、手間も時間も掛からずに作業を終えることができます。

Read More..